16分の刻み方

こんにちは、挫折させないギター教室、六甲道ギタースクールです。

昨日は低音での16分音符での刻みフレーズのレッスンをしました。近々X JAPANの曲をやってみたいということで、まずは6弦開放で慣れてもらうことにしました。まずはピックの持ち方を再確認します。ハードロック系の曲では、割と長い間弾き続けることが多いので、持久力が必要になります。ですので、無理をしない形を探すことが大切です。(数回なら変なフォームでも弾けるかもしれませんが、何小節も弾くとなると厳しいですね。)必ずしも全員に当てはまるとは限りませんが、ピックが少し動くぐらいの力で持つと良いと思います。そして、ペンでリズムよく字を書く感じで動かしてみるとスムーズに動きやすいかと思います。一度お悩みの方はお試しください。

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
初心者歓迎、無料の体験レッスン有り
近隣エリア→灘区 東灘区 神戸 芦屋石屋川駅 新在家駅 六甲駅 徳井停留所
神戸市、六甲道 Guitar School Lesson