ピックの弦への当て方

おはようございます。挫折させないギター教室、六甲道ギタースクールです。


改めてピックを弦に深く当てすぎている方が多いように感じています。

わざとやってもらうとわかると思いますが、デメリットは

・弦を引っ張ってしまい音がシャープしてしまう。

・弦の抵抗が大きくて、次のアクションがスムーズに取れない

・引っぱってしまった弦がフレットに当たってノイズになる

 

などがあります。ブルース系のチョーキングなどわざと引っ掛けたような表現をすることもありますが、基本的にはスムーズなプレイの方が好まれると思います。

レッスンに来ていただけたら、その方に合わせて具体的にご提案できるのですが、まずは下記をチェックしてもらえたらと思います。

・ピックと弦の当ててる幅を5mm以下ぐらい(僕は2.3mmです)

・ピックはピックの重心あたりで持つ(力を抜いても落ちにくいです)

・ピックを握る力はピックが動けるぐらいにしておく(字を書くときペンが動くイメージに近いです)

色々な弾き方・流派があると思いますが、何らかのヒントになると嬉しいです!

 

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
初心者歓迎、無料の体験レッスン有り
近隣エリア→灘区 東灘区 神戸 芦屋石屋川駅 新在家駅 六甲駅 徳井停留所
神戸市、六甲道 Guitar School Lesson