ピッキングの時の手首の使い方。

肘を固定して腕だけで弾いている方がいますが、
(もちろん腕だけでも上手く弾く方もいます)
単音の時は弦を引っかけすぎたペチペチ、
コード弾きのときにはピック弦に引っかかって
バラバラのサウンドになってしまいます。

直すには、まず、ギターのボディーよりも大きい幅で
右手を振ってみて下さい。1mぐらい振る感じです。

実際のプレイはその幅を狭くしてくイメージです。
エアギターをしてみてそのときのイメージで弾くと
分かってもらえる方が多いですね。

手首の動きとしては、横の移動と縦の回転を混ぜた感じになります。
(あ〜文章では伝わりづらい)
そしてスナップを効かせて右手を軽く動かす感じです。

またヘッド側から見たピックの軌道が円運動になってる方もいますが、
弦に対してスナップを効かせてまっすぐ振り下ろす方がよいです。

あと、単音になると肘から上は見た目上は動いてないですが、筋肉は
方から下をしなやかに柔らかく使ってる感じです。

いろいろ書きましたが、まとめていうならば
一度エアギターしてみてその感じで弾いてみる
って感じでやると補正しやすいかと思います。

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
初心者歓迎、無料の体験レッスン有り
近隣エリア→灘区 東灘区 神戸 芦屋石屋川駅 新在家駅 六甲駅 徳井停留所
神戸市、六甲道 Guitar School Lesson