弦を押さえる→タッチする

おはようございます!

神戸の挫折させないギター教室、

六甲道ギタースクールのこけやまこうすけです。

 

最近、「ギターの弦を押さえる、」

という代わりに「弦をタッチする」という

表現を使っています。

 

押さえるというと、とても強く押さえる方が多いからです。

ではタッチと言っても、いうとどのくらい

タッチするかと思う方も多いと思います。

 

タッチは弦がフレットに触る(タッチする)

イメージでやるとよいと思いますよ。

なかなか自由に左手の動かない方は参考に

していただけたら嬉しいです!

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
初心者歓迎、無料の体験レッスン有り
近隣エリア→灘区 東灘区 神戸 芦屋石屋川駅 新在家駅 六甲駅 徳井停留所
神戸市、六甲道 Guitar School Lesson