エレキギターの練習はアンプで!

いろいろなギタリストや講師の方も書かれてることですが、
「エレキギターの練習はアンプでしましょう!」
アンプから出る音が
エレキギターの音なので、
アンプ使わないで弾くのは、やってる意味半減だと思います。
 
生音だけだとわかりにくこと一覧
・歪み具合
・サステイン(音の伸び)
細かいニュアンス
・ノイズの有無(特に歪んだサウンド時)
・ハンマリング、プリング、スライドの雰囲気・音量感
・ブリッジミュートの出音
 
これはフェンダー社のミニアンプ。
割といい音します。
アコースティックギターと生セッションにも耐えられる音量でます。
 
また「アンプはうるさい」と言うのも誤解で
生のアコースティックギターより
小さい音でもリアルなサウンドや
ヘッドフォンでも迫力あるサウンドに聞こえるものも
多くあります。
※もちろん、真空管の大型アンプの方が好きな方多いのは事実ですが。
 
以前はこんなシステム組んでたこともありますが
今は小さくていろいろな音出せるのが出てるので
よほどのこだわりがなければ不要です。
 
 
 
小さくてもいいのでアンプで練習を!!

ギタースクールへのお問い合わせはこちらから

※メールフォームからの問い合わせで割引クーポンの適用になりますので、必ず電話でのお問い合わせの前にメールでの問い合わせをお願い致します。
【当スクールの近隣エリア】
初心者歓迎、無料の体験レッスン有り
近隣エリア→灘区 東灘区 神戸 芦屋石屋川駅 新在家駅 六甲駅 徳井停留所
神戸市、六甲道 Guitar School Lesson